女子なら知ってて当たり前!まつ毛もルミガンで育毛する時代

ピンク系メイクが映える顔づくりはルミガンと口髭の処理

愛されメイクとして根強い人気があるピンク系メイクをするなら、スキンケアや毛のお手入れはとっても大切です。ほんのりと浮き出るピンクが映えるのは白いお肌です。鼻の下に黒っぽい口髭が生えていたり、まつ毛がまばらだといまいちメイクが決まりません。口髭はカットすれば良いけれど、まつ毛はどういう風にケアをすればいいのか。ルミガンというまつ毛専用の育毛剤を使うのが効果的です。
ルミガンは、アメリカ食品医薬品局(FDA)という日本で言えば厚生労働省の役割を果たす国家機関が「まつ毛の育毛効果がある」と認めた医薬品です。本当は緑内障の治療に使う目薬だったのですが、発売後になって使用者のまつ毛が増えたり伸びたりする効果が発見されたのです。そんな訳で、発売元のアラガン社はルミガンに、まつ毛に塗る時に使うアプリケーターというブラシを付けて「ラティス(Latisse)」という名前で売り始めました。ところがラティスはとっても高いです。日本円ではルミガンが2,000円前後なのにラティスは1万円くらいします。ルミガンと有効成分は同じ、バイマトプロスト0.03%含有なのにブラシを付けただけで何故だか高い値段になりすぎています。庶民にはとても続けて買えるお値段ではありません。
そこで、日本でまつ毛を伸ばしたいという人は、ルミガンを個人輸入などで買って、歯ブラシやアイブローブラシなどでまつ毛に塗る人が多いです。専用のブラシを使って塗らなくても、ちゃんと育毛効果は感じられるそうです。腫れぼったいまぶたをパッチリと見せてくれる豊かなまつ毛を手に入れられます。ピンクのアイシャドーをまぶたや頬っぺたに塗ると、可愛らしい印象は更にアップします。毎晩ルミガンを塗り、口髭をカットしてメイク映えする顔作りに励みましょう。